About Koh Tao

コタオのご紹介

タイ シャム湾に浮かぶダイバーと旅人の楽園

南国の楽園タオ島

世界中からダイバーや旅人が集まるタイのタオ島。
以前は「秘境」、「バックパッカーの聖地」と呼ばれていましたが、
近年では日本のメディアでも紹介される事が多くなりました。

ダイビングだけでなく、穏やかな人々や夕陽が沈むビーチなど、
今も変わらず人々を魅了し続けています。
※面積約21キロ平方メートル タイ本土より約70キロ。

カメラ必携。魚ものんびりモード
 

ジンベエザメや魚影の濃さ、特異な生態系で知られるコタオですが、
何より嬉しいのが「魚が近い」こと。

コタオの生物たちは、シャム湾の奥深くで隔離された様な地理的状況のため、
外来種に生態系を脅かされる心配が少ないようです。
 

その為彼らはぬくぬくと育ち、サイズが大きくなるのはもちろん、危機感が少なく、
ダイバーが近づいても中々逃げません。

ワイドもマクロも、じっくりと狙う事が出来るのはカメラダイバーに取って、
ありがたい海だと言えるでしょう。是非カメラを持ってお越しください。
 

※水中カメラレンタル・・・600THB(1トリップ)

コタオの情報や空撮映像などが盛り沢山
www.kohtaocompleteguide.com

 

タオ島へのアクセス

バンコク~コタオ間

  • 空路+フェリー→サムイ島経由orスラタニ経由orチュンポン経由

  • 陸路+フェリー→チュンポン経由

バンコクから バス+フェリー

カオサン通りからの出発は早朝発と夜行の2便。

時間はかかりますが、予算を抑える旅人に
昔からポピュラーなルートです。

  • Lomprayah社
    (オフィス:カオサン通り隣・
    ランブトリ通り

  • http://www.lomprayah.com/
    ※時間が正確でフェリーが速い

バンコクから 飛行機+フェリー

やはり一番楽な方法がこれです。

  • 飛行機+フェリー サムイ経由
    ※一番楽。料金は高め

飛行機手配:バンコクエアウェイズ
http://bangkokair.com/
 

フェリー手配:

飛行機+フェリー チュンポンorスラタニ経由
・ノック・エア※セットでネット手配可能
http://www.nokair.com
 

飛行機+フェリー スラタニ経由
・エア・アジア※セットでネット手配可能
http://www.airasia.com

プーケット・クラビ・スラタニ~コタオ

コタオ~チュンポン間、コタオ~スラタニ間のナイトボートを使う方法と、Lomprayah社のジョイントチケットでお越しになる方法がございます。

※詳しくはお問合せください。

バンコクから 列車+フェリー

列車手配:コタオ国鉄
http://www.thairailways.com/     


フェリー手配:Lomprayah社
http://www.lomprayah.com/

 

バンコクのファランポーン駅から夜行列車でチュンポンまで。

チュンポン駅からロンプラヤ社のバスで港まで移動後、
フェリーでコタオ、と言うルートです。
 

例:夜行エクスプレス#85

19:35ファランポーン駅発~4:15チュンポン駅着

7:30チュンポン出航~10:30コタオ着

※最新のスケジュールをご確認ください

飛行機移動
バンコク~サムイ島~タオ島

 

お問合せの多いサムイ空港からタオ島行きフェリーへの乗り継ぎ。
現在フェリー会社のカウンターや案内スタッフ等は居りません。
送迎の手配も含め、その流れをスライドショーに致しました。

※表記された時間は、あくまで一例です。
余裕を持って移動される事をお勧め致します。

例:バンコクエアウェイズ利用
PG103 バンコク 6:00発~サムイ 島 7:05着
ロンプラヤ社フェリー サムイ島 8:00発の場合


※TG661 羽田 00:20発~バンコク 04:50から直接乗り継ぎの場合、PG105便はタイ航空とのコードシェア便TG5900と表記されます。

※画像をクリックするとスライドショーがご覧頂けます。

 

タオ島にご到着後の流れ

ロンプラヤフェリー・シートランフェリーともに、

桟橋で弊社送迎スタッフがお待ちしております。

 

送迎シミュレーション。ロンプラヤの場合
※画像をクリックするとスライドショーがご覧頂けます。

CONTACT US:お問合せ

Tel: +66-(0) 77-456-466

+66-(0)94-242-6005(日本語)

Moo 1 , Koh Tao Surat Thani Thailand 84360

© 2023 by Anton & Lily. Proudly created with Wix.com